<満席となりました>心をのせるお仕事ライティング&編集講座

更新日:9月22日



<卒業生の声>

わたしは自分の文章にいつも自信がなく、迷いながら書く仕事をしていました。この講座では、自分の思いを相手に届けるための軸を授けていただいたように思います。今は毎日の業務が実践練習。ブレない軸をもって、ひとつひとつ積み重ね、自分でも納得できる、周りの人に喜んでもらえる文章を書けるようチャレンジし続けたいと思います。また、初めましての皆さんと学びをともにしたことも貴重な体験でした。修了した今も、ふと思い出しては、あの人ならどう書くかな?と考えたり、わたしもがんばろうっと気合いを入れたりしています。笑 働き始めてから、「書くこと」についてこんなふうに誰かと真剣に、そして楽しく学び合える機会はありませんでした。ここで受け取った軸と、ともに学んだ仲間がいたことは、これからも仕事を続けていく上で心の拠り所になる気がしています。実は申込むまで1年くらい迷っていました。今は、迷ったまま時間が過ぎてしまうくらいなら、思い切って飛び込んでみることを自信を持っておすすめします!きっと新しいステージに進めるはずです。(オウンドメディアにて企画編集・原稿執筆)


私自身も含めたあらゆる人が行き交う、言葉の港に立っている。そんな気持ちになりました。穏やかで美しい景色も、大荒れで近づきたくないような景色も、言葉によって生まれる。そのことを受け止め、港から舟で出かけたり、港へ誰かがやって来たりするのを楽しみ味わうための、最初の1歩をサポートしていただき、感謝でいっぱいです!(花屋勤務、これから書く活動へ)


「文章って、ホント"人となり"を現すなぁ」というのが、受講して一番感じたことです。自分の心が、丸裸になるのがライティング。どうやって、文章に心をのせるか?書くとき、どんな心でいたらいいのか?すなわち、どんな人間でありたいか?お仕事としてのライティングと編集のスタンスやワークはもちろん、これからの時代を生きていく上で、大切なマインドも学べます◎(webライター)


わたしたちは伝えあう生きもの!だからこそ、人の心にきちんと届くように、共に考え、共に育もう。講座はそんなあたたかい雰囲気のなか、書くことで、表現する楽しさを味わえます。山村先生のユーモア溢れるレクチャーも相まって、受講後はいつも脳が生き生きしていました!(ライター)


たくさんの情報をどう選んでどうまとめよう‥ということに悩んでいたところ、募集を見つけて参加を決めました。「書く」テクニックだけではなく、そこに至るまでの考え方や導き方など、たくさんの「気づき」をさせていただきました。質問に答えたり、実際に添削していただいたり、自分の回答は合っているかな?と不安に思うような場面もありましたが、どんな答えもひとつの考えとして受け入れていただけたように思います。(まさしく「やさしい編集室」!)講義を終えて、私も「やさしい」仕事をしていこうと思いました。(アパレルブランド広報)


目まぐるしく変わる世の中の流れで、特別ではない人が表現者になれる環境になりました。自分が言葉を使って表現する側になることを決意した時に、引き寄せられるかのように参加した講座です。 文章のことを学ぶだけではなく、人生を変える勇気も頂きました! これから先の人生でも、関わっていきたいと感じる人にも恵まれる素敵な講座でしたよ!(東洋医学の知恵を広めたい漢方薬剤師)


「やさしい編集室」の名前を、全く裏切らない講座です。そらそうか!だって、こんな講座名にしちゃう先生達が冷たかったら嘘になるし、こんな講座に惹かれて集まる人なんて、みんな何かしらやさしくなりたい人達なんですもん。そんな人が集まっている時点で、なんかもう、めっちゃやさしい。各講座では、褒め言葉のシャワーを沢山浴びつつ、自分が一皮剥けるために必要な事に、真っ直ぐ向き合う時間を頂きました。そんな、やさしさと、正直さのある講座です。安心して飛び込んじゃってください。(就労支援NPO勤務)


もし受講を迷っている方がいたら、「”やさしい”世界を生きたいならば、思い切って飛び込んでみて」とお伝えしたいです。ここではライティングや編集の技術だけでなく、自分も、相手も、周りの人も、あらゆる人のことを想う姿勢を教えていただきました。私は海外在住の専業主婦で、書くことに漠然とした興味があり受講しました。これまでお仕事としてライティングや編集をする機会はありませんでしが、学び終えた今、自分にも誰かに喜んでもらったり誰かを助けたりできる何かを企画して届けられるかも、と新たな可能性を感じています。まだ何者でもなくても、スタートラインに立ちたい人にもおすすめしたいです。(専業主婦)


「文章」ってなんとなく書くとそれなりにしか伝わらない。伝えようとする想いがいい文章にさせるんだなと感じました。この講座で学んだことは、文章を書く人だけでなく、何かを伝えたり、企画する時に必要な大切なものを思い出させてくれた気がします。授業は全てリアルタイムで参加できませんでしたが、アーカイブ動画でもみっつさんの熱量が伝わってきて、時間差はあるけど楽しませていただいてました。ありがとうございました!!(ライター)


◉自分はクリエイティブなお仕事とはあまり縁がない営業職です。初めてこの講座の情報を見つけた時気になったものの、ベッドの上で寝転びながら1時間くらい悩んで悩んで、結果その日は応募せず、別の日にもう一回悩んだ末に勢いで応募しました。結果、大満足。言葉への向き合い方が変わり、企画を作るときの考え方を装着することができました。コロナウイルスの影響でオンラインでのコミュニケーションが増え、これまでは対面で「〜な感じ」「あれ」「これ」など曖昧なコミュニケーションで伝わっていたことが伝わりづらくなるこれからの時代、この講座で学ぶことはどの仕事・どの場面においても活躍してくれると思います。なので、もし同じように参加するかどうか悩んでいる人がいれば、えいっ!と応募してみて、指のせいにしちゃったらいいと思います。「勢い余って指が勝手に押しちゃった。応募してみたもんは仕方ない。参加してみるか」くらいの気持ちで。(営業職)


普段、接点のない方々と交流でき、新たな発見がありました。(企業PR)


この講座は、単にライティングや編集のハウツーを学びたい人にはオススメしません。なぜなら、それよりもっとお得で深い「生き方」を学べる時間だから。なぜ、仕事が楽しく回っている人と、そうでない人がいるのか。その理由がここに来れば分かるはず。楽しく、やさしく、親切に仕事をしてみたい。そんなことを考えている人にこそ、ぜひ受講して欲しい講座です。あなたならきっと大丈夫。応援しています!(造形作家)


自分の気持ちに正直になること。それがこれからの時代を切り開いてくことだと教わりました。これはヨガか?(ライター・会社員)


受講しようか迷ったら、参加してみることをおすすめします!私もよ~く悩みました(悩んでいたら1度申し込み締め切りとなってしまい、次回まで待ちました…)。でもなんか気になるなあという気持ちのセンサーを信じて、えい!と半ば勢いで参加してみました。結果、たくさんの学びや気づきを得ることができて、あの時の自分を褒めてあげたいです!同じことに興味を持つ、それぞれに頑張っているメンバーと交流できたのも、楽しく充実した体験でした。書くことに興味はあるけど行動できていなかった私にとって、この講座は前に進むきっかけをくれました。力まずに参加してみたら、日常の見え方が少し変わるかもしれません。ぜひ受講してみてください!(商品企画、これから書くお仕事へ)


書くことの本質だけでなく、文章を通して自分とも向き合えたような気分です。書くことのおもしろさを再認識、実感してみてください!(webデザイナー、日本語講師)


仕事でもやもやしていたときに、まさに神のお告げのように降ってきたのが、この講座のお知らせでした。世の中には文章の書き方やまとめ方、売れるキャッチコピーなどといういわゆるhow-to本や講座は数あれど、小手先のテクニックだけではダメだ、と私自身このときすでに気づいていたのでしょう。"心をのせる"というワードに身を任せてみたくなったのです。学んだ内容はもちろんのことですが、この講座の魅力は、なんといっても山村先生が愛らしいこと(失礼かもしれませんが)!チャーミングなキャラクターとおだやかな口調で、高校の先生が授業中脱線して雑談し始めた、みたいな空気がなんとも心地よくて。噛み砕いて語りかけてくださるので、すんなりじっくり頭に染み込んでいきました。目野さんとの掛け合いもほっこり。同じ悩みを抱えた他の方の意見を聞けて、少人数ならではの利点も多いです!あとは、2週間に一度という比較的ゆったりとしたペースだったこと。学んだことを日々の暮らしや仕事に落とし込み、しっかり味わってからまた次の講座で学びを得る、というこのサイクルがとても私には合っていたように感じます。書くことや編集だけでなく、仕事全般に対してどういうスタンスで進めていけばいいのか、そんな悩みのある方にもおすすめしたい講座です!(企業にて企画・マネジメント担当)


「やさしい」という言葉に惹かれ受講を決意しましたが、全然やさしくない〜!!ですが、頭を悩ませながら文章を完成させたときは喜びもひとしおです。(匿名さん)


お仕事としてされている方も、興味がある方も、この講座を受けることで無意識に感じていたことを意識してできるよう、客観的な目線に気づくことができる講座だと思います。(デザイナー)


フリーライターとして仕事をしていましたが、自己流の仕事の進め方や書き方に行き詰まりを感じていたことから受講させていただきました。悩みは色々。伝えたいことの軸が定まらない、書くのが遅い、文字数が多くなりがち…などなど。いざ受講してみると、悩みの原因や解決策が見えてきました。毎回1つのテーマに沿った講義は、とてもシンプルで誰にでもわかりやすく進みます。受講者の方々と意見を出し合ったり、各々書いた文章を読んだりすることも多々あり、自分では気付けなかった角度でテーマを深掘りすることもできました。焦らず、じっくり、そして楽しく学ぶことができ毎回、充実感で満たされました。学んだことは、書く仕事にはもちろん、生活のあらゆる場面でも生かせる普遍的なことにも気づかせてもらえる機会となりました。今後の人生をよりよく生きるための勇気をいただきました。(ライター)


◉企画編集における意識すべき3つのポイント、企画の立て方が一番印象に残っています。(webディレクター)


数週間の講座を経て、ライティング然り人へ伝えること・コミュニケーションの在り方を見つめ直す貴重な機会となりました。知らず知らずと日々の生活で蔑ろになっていた部分を洗い出しできたと思います。講座は終わってしまいましたが、これから講座で学んだことを活かしていくという嬉しい置き土産もいただきました。充実した時間をありがとうございました!(オンラインサイト運営)


今まで仕事でライティングを少し経験していたこと、文章を書くこと自体好きだったこともあって、もう少し書けるようになりたいなと教室を色々探していたところに見つけてしまいました!「心をのせる」というワード!読みたい文章にはやっぱり心がのっかってないとな~と何となく思っていたところの嬉しい出会いでした。企画からまとめるまで、スキル的なところはもちろんですが、結局のところやっぱり「心をのせる」ためのノウハウ、自分としっかり向き合いながら、取材相手、読み手、その文章に関わるみんながどうやったらハッピーになれるかをとことん考えるそんな教室です。(webディレクター)


勢いとタイミング、まさにその通り。文章を扱う仕事をしながらも書くことにコンプレックスがあり、自分軸を持ちたいと受講しました。ノウハウなどの答えを得るだけではなく、自分の中にある大切にしたいことを探すような時間でした。いろんな迷いがある人にオススメしたいです。(マーケティング企業の広報)


編集って、何かモノを作る上で、特別な立場の人たちだけができる特殊な仕事なのかと思っていました。でも、講座を通して、それが間違っていたことに気付きました。モノを作る人も、作らない人も、仕事でも趣味でも、何にでも使えるコミュニケーションのことだと思います。誰もが人生を豊かにし、物ごとをポジティブに考えるための、ひとつのライフハックかな、と思いました。「私の仕事は編集なんて関係ない」と思っている人、目的は無くとも文字で心や考えをもっと表現したいと思う人、ディスり合い・マウントの取り合いといった大人の世界に疲れている方に、特におすすめしたいです。(web制作会社事務・ライター志望)


とても穏やかな雰囲気で書くことを仕事にしたことがない初心者の私でも安心して参加することが出来ました。この講座で学んだ、書くこと伝えることの視点は仕事としてだけでなく今後生きていくための大事な視点になると思っています。(美容ライター)


「きかく」「きく」「かく」「まとめる」のテクニカルなことはもちろん、日々を過ごしていく中で大切にしたいことや気づき、学びをたくさん得られる講座です。授業が終わったあとは毎回、あたたかい、やさしい気持ちでいっぱいになります。最初は不安でしたが、お茶目な山村先生とやさしさであふれる目野さん、向上心を持って一緒に頑張るメンバーとの時間はまた受講したいくらい楽しかったです。心からおすすめです!(デザイン会社広報・秘書・総務)


私は長野県でお菓子屋をしています。「心をのせる編集」は、「お客様が食べたい気持ちになるお菓子づくり」に似ている!と直感で申し込みをしました。初オンラインって、大丈夫?理解できる?という不安解消に役立ったのは、教育系動画を毎日流してオンラインっぽさに慣れるようにしたこと。自分なりに予測してから受講したこと。結果、お菓子屋としてだけでなく、生きていく上でのヒントをたくさんキャッチできたような気がします。「心をのせる編集」って、いろんな事態に応用できる本質的な方法だな、というのが受講した感想です。(お菓子店経営)


フリーランスになりたてで、独学で行ってきた自身の「かく」に「果たしてこれでいいのか」とモヤモヤ思っていたとき、偶然にも飛び込んできた広告【やさしい編集室】やさしいという言葉に惹かれ、エイっと申し込んだものの、回を重ねるごとに、たくさんの言葉と実践的な学びに出会えました。「かく」上で大切な自分の根っこへ辿る方法も教えていただきました。学び終わった今、今後の活動に活かせることがさらに楽しみです。(ライター)


自分の存在を認めてもらえるような、あたたかい講座です。編集という名前がついていますが、編集だけでない考え方を習得できたと思いました。オンラインでの授業でしたがオンラインとは思えない、講座の演出はオンラインイベントなどを仕事で行っていることもありとても参考にになりました。(webスクール運営)


決して安いお金ではないですが、こんなに安心安全な空間で、学びを深めることができる講座はなかなかないと思うので、本当におすすめしたいです! オンラインの開催だったので、馴染めるか心配もありましたが、分からないことはその都度丁寧に対応していただけたし、毎回和やかな雰囲気を作ってくださっていたので、2時間の講座が本当にあっという間で、終わってしまうのが悲しかったです。笑 ライティングのスキルももちろんですが、それ以上に人に寄り添うことや、自分も相手もみんなハッピーにすることなど、働く上で大切なことを教えていただいたように思います。(就職支援業)


いつの間にか大人になった私は、自己表現が苦手になっていた。いつからだろうか、他人の視線や評価が気になっては、ずいぶん苦しい思いをしたように思います。そんな私がわたしを見つけるために、えいっ!とボタンを押した「やさしい編集室」。そこは、明るく、温かく、時に苦しく、でもやさしかった。ぐるぐる思考し苦しむ私が、書くこと、伝えることを通じて想いの丈を書けたとき、ふわぁっと肩がほぐれました。遠くに居たわたしと肩を組んだ感覚でした。書くことが生業でなく、ただの母が参加して良いのだろうか迷いましたが、そんなのなんの問題でもなく、ただただやさしく、イロンナわたしに出会えるそんな場所だと思います。(ECサイト運営)


おもいきって飛び込んでみたら、やさしくって、刺激いっぱいの世界がひろがっていました。ライター?編集って何??よく知らなくったって、大丈夫。お仕事でもプライベートでも、書くことに悩んでいるのだったら、飛び込んでみましょう!コツとかノウハウとか、そういうことよりももっと大切にしたいこと、山村先生が笑顔いっぱいでお話してくれます。(雑貨と文房具のお店勤務)


わたしはライターや編集者という仕事をしているわけではありません。でも、いわゆる"文章を書くスキルを身につける"ような講座ではなさそうだぞ…と思い、何かきっと自分の仕事にも生かせるものがあるのではないかとふんわりした思いで参加しました。実際、山村先生の授業は、ライティングや編集ということに限らず考え方や暮らし方、生き方そのものにつながる内容だと感じました。「こうしなきゃいけないに囚われないこと。言葉が自分の心にたどり着いているか?を思い直し、これを繰り返すことで、いつの間にか心がのって自分らしさにつながっていく」という言葉が印象的です。「きく」や「かく」のポイントを具体的に教えていただくと同時に、心もちといったものを教わることができました。「やさしい編集室」の名前の通り、やさしくあたたかな雰囲気に満たされている場所でした。(福祉系NPO/任意団体のサポート業務)


普通のライティング講座ではないです。テクニックというよりは、「本質」を学べる講座です。そして、気合で受講しないとなかなかついて行くのが難しく、1度聞いただけでは身につきません。しかし、今後どのように頑張れば良いのかははっきり見えてきますよ。ライティングの沼にハマっている方にはおすすめです。(ブランドメーカー広報・ライター)


自分の現在位置を知り、これまでの自分の感性や活動について、答え合わせのような学びとなる貴重な時間でした!フリーで催し物の企画やコーディネート、個展やイベント事をされていく作家さんやお店のサポートをしています。これまで全て自分の感覚で企画やライティングをしてきましたが、どこかで一度、その道のプロから極意を学びたいと思って参加しました。自分は何が持ち味なのか?今よりもより良くなっていくには、何を課題として意識していったらいいのか?それを理解できたと思います。思い切って飛び込んでみて、本当に良かったです。(フリープロデューサー)


◉全部印象に残っていますが、みんなで誰かの文章について意見を言い合うことがこんなにも有益だとは思ってもみなかったです。意見をいうこと、そしていただくこと…ある程度年齢を重ねているうえに、フリーランスなので、誰かから意見をいただくことがこんなにも新鮮で重要なことだとは…!と。(フリーライター)


わたしは編集の仕事とは無縁の仕事でした。いままで変わりたくても変わらなくて、ずっと足踏みしたまま、行動にうつせない自分がいました。そんなときインスタでやさしい編集室を知って、たくさん迷いましたが、飛び込んでみることにしました。自分のすきなことを学ぶってこんなにたのしかったのだな、と知りました。なにより山村先生、めのさん、自分の周りのにはいない、夢に向かって真っ直ぐなメンバーの方たちと、一緒に学べたことが1番の刺激でした。これをどう活かしていくか。風の時代。コロナを理由にできない、ではなく、この状況だからできることたくさんあるなと感じます。一歩踏み出したら、やっぱりすこし世界はかわりました。ありがとうございました!(カスタマーサポート業)


ライティングや編集とは全く分野の違う仕事に就いているのですが、何かピンとくるものがあり、受講を決めました。講座を終えた今思うのは、仕事の内容は関係なく、誰にでも開かれた懐の深い場だったなあ、ということ。講座の最中ではなく、講座を終えてから日常に戻った時の気づきがとても多かった。全5回、この講座時間をくぐり抜けたことで、受講前にはなかった新しい自分がいるような気がします。引っかかるものがある方は、ぜひ受講をおすすめします。(貿易事務・ライター志望)


◉編集や言語化することは、誰にとっても必要なことだと思いますし、僕自身とっても良い勉強になりました。自分の文章を批評してもらい、アドバイスもらったことで、気づかないクセにも気づけました。今後、実践に活かしたいと思います!(デザイナー・ディレクター)


◉今の自分に必要な言葉がシャワーのように浴びせられる目から鱗の編集教室です。自分が編集されたのかも…というくらい考え方が変わりました。(デザイナー)


◉全く文章に携わる仕事ではないので、授業について行けるか不安で受講を悩みましたが、結果受講をして良かったと心から思っています。 スキルもありませんでしたが、私なりに学べたことは多くありました。 また、違う業種の方と一緒に学ぶことが、刺激になりました。 日常にちょっとした変化をつけたいと思っているような方にも、おススメしたいです。(婦人服の接客販売業)


◉文章を書くことなんて、一朝一夕でカンタンにできることではないと思いますが、山村先生のお話を受けて、モノの見方が変わりました。今後、ここで得た視点を持ちながら、いつか私らしい文章がかけるように精進していきたいと思います。もっと本を読んでから参加しようかな…などと先送りしてきましたが、早く参加してみてもよかったと思いました。(マネジメント業)


ライターとして、自分の書く文章に納得がいかず、なんとなくこのままではいけない気がしているけれど何をどうしたらいいのかわからない…ともやもやしていた時にこの講座に出会い、小手先のスキルがどうこうではない、もっと大切にすべき本質的なことを学び直すありがたい機会となりました。出口の見えないトンネルで途方に暮れていたけれど、出口の明かりが少し見えたような、そんな感覚です。書くことに悩んだ時、つまずいた時に、何度も振り返りたいと思える内容でした。山村先生の愛に溢れた学びの場、ぜひ受講をおすすめしたいです。(ライター)


◉山村先生が明るく陽気にお話ししてくださったおかげで、緊張もほどよくとけ、楽しく受講することができました。(メーカー広報・企画)


◉印象的な内容が選べませんが、あえてあげるなら……「言葉が、本当に自分の心にたどり着いているのか?」というところ。「本当にそう思ってる?」「そこに心はある?」「紋切り表現になってない?」毎日、自分が書いたものを見て、心の中で投げかけています。(雑誌編集)


◉先生に言われた言葉を常に振り返りながら、取材してます。(商業施設の広報担当)


◉ビジュアルと言葉の編集で、それぞれが得意なこと、目をとめてもらうための組み合わせのツボがおもしろかった。ビジュアル(写真)の大切さと撮影方法を改めて考えることができた。(フォトグラファー)


◉小手先のテクニックを学びたい方にはおすすめしません。企画すること・聞くこと・書くことについて本質的に何が大事なのか? を学び、自分で考えることができます。受講中はもちろん、後から特に、効いてくるハナシだと思います。(動画制作、企画運用)


◉私は仕事の幅を広げたいと考え受講しましたが、それに限らずいろいろな動機にハマる内容だと思います。講義内容はもちろん、そこで出会う受講生のみなさんと反響しあって進んでいくような、心地よいリズムと程よい緊張感が毎度感じられました。日々の「ことば」に何かもやっとしている方、または日々を単調に感じている方?などおすすめです。仕事に役立つうんぬんはさておいても、自分の発信する「かくこと」に向き合うヒントは必ず得られます。(デザイナー)


◉「失うものなんてないっ」と言い聞かせ、散々迷った挙句にどぎまぎしながら申し込んだのももう懐かしいくらいに、心の底から面白くて受講を決心して本当によかったと思っています。会社と自宅の往復では得られなかった、編集を学ぶ機会。この間まで顔も名前も知らなかったはずの受講生の皆さん。失うどころか、この講座で見つけた、受け取った、身に付けたものがいっぱいです。(金融関係の事務職)


◉書くことを仕事にしていると、どうしても「これでいいのかな」と自分のなかで軸がぶれてしまうことがあります。この講座では、悩んだり迷ったりしたときに、正解に近づくための軸のようなものがつかめました。なにより山村先生がユニークで、講座があまりにテンポよく進むものだから、毎回2時間があっという間でした。別のライター講座やコミュニティにも参加してきましたが、この編集教室は一番参加してよかった講座だと思っています。(ライター)


「良い文章を書くにはテクニックも必要だけど、”こうすればバズる!”みたいなものは好きじゃない」「でも文章を書くことをパラレルキャリアにしたいから何かの講座を受けてみたい」とモヤモヤ〜と思ってました。・・・そんな時に。ある日!急に!ポンと!SNSの広告に出てきたのがこの講座でした。読み進めると、「あ〜いいな、良さそうだな」と心に響きました。やさしい編集室という名前の通り、その雰囲気がホームページ全体から溢れていて、受講者の感想文を見ても皆さん満足されていて。未経験の方も良かったと感想文にあったことにも後押しされ、「いきなりこんなドンピシャな講座を知れたのは運命だ!」と思い、申し込みました。実際に受講を終えて、まだまだ自分が理想とする文章は書けてません。しかし!学べて良かったことがたくさんあります。それは、文章を仕事にしてもしなくても、誰かとLINEやメールをしたり、会話をしたり、人と関わりながら生活するので、誰しも関係があると思います。そして、この学んだことは「役に立つ」という言葉より、「そんな人間でありたいと思うことを教えてくれた」という言葉の方がしっくりくる感じです。これからもこの学びを生かして人生楽しむぞ〜!(パラレルキャリアを目指す会社員)


どんなことが学べるんだろう、自分についていけるのだろうか。そんなことが頭に浮かんでいたら、少し勇気を出して一歩踏み出してみてください🐑身を委ねることに少し勇気は必要ですが、回を重ねるごとに、すーっとこころが緩む文章が自分の近くまで来てくれて、最後には安心を感じて卒業できます。(webライター)


そもそも、書くということに”何が必要か”を教えてくれて、自然にやさしく、向き合わせてもらえます。この講座のお知らせに目がとまるのは、日頃から、だれかの心に届く文章がかけたらなぁ…とそんな気持ちがあるやさしい人たちです。そして、他の文章講座を受けたり(でもしっくりこなかったり)、そんな本を購入したり(でも読むの辞めちゃったり)、頑張りたいけど踏ん張れないんだよーの人もいると思います。受講した私から言えるのは、“やさしい編集室”はもうまんま、やさしいよ!ということです。ひだまりみたいな、ボサノヴァみたいな、和三盆のおやつみたいな…毎回そんな雰囲気の講座なので、緊張しいでも…いや、緊張しいならなおさら受講して頂きたいです。もちろん、甘やかすだけの優しさとはちがいますから、しっかり書くに向き合いたい方も是非。(飲食業、PR)


はるか昔、講師の山村光春先生が雑誌「芸術新潮」のコラムを書かれていたころ、その中でお気に入りの品として紹介されていたアメリカの下着用Tシャツを僕も真似して買ってしまった事がある。下着用なのでプリントやデザインが特別な訳ではなく、Tシャツ1枚に対する考察文があまりに魅力的だったからだ。ちなみに靴下についての文章もあったが、そちらはお店が近くになかったのでグッと思いとどまった。この講座では、そんな風にTシャツや靴下を見ず知らずの人に意図せず買わせるほど魅力的な文章を書かれる先生の頭の中やノウハウを、ギュッと凝縮して気前よく教えてくださる。いわゆる上手な文章の書き方といった類の技術的な話は最小限だ。むしろ仕事として良い文章を書くための必要な考え方だったり姿勢だったり、文章の裏側にあるものへの学びに重点を置く。それらはきっと先生が長年の経験に基づき独自に掴み取った哲学のようなものであり、それ故に貴重で、また自然と腑に落ちる事も大変多かった。講座を終えてみて突然文章が上手くなったとは思わないが、少なくとも基本となる考え方を学べたお陰で「書く」仕事が以前よりも楽しくなった。これからも一歩ずつ書いていきたいと心から思える、そんな講座です。(海外政府機関にて広報を担当)




 

もうね、今や誰もがSNSなどで発信できる時代。だからこそ、その道のプロとの「違い」ってなんでしょう。本講座ではおもにお仕事で「伝える」ことを必要とする、一歩先に行きたい人のためのライティング&編集講座です。オンラインでの開催なのでどこからでも参加OK!多くて6名までの完全少人数制での開催で、参加者みんなで達成したいことをシェアし、一緒に叶えます。

 


<講師プロフィール>

山村光春(やまむらみつはる)

編集者・ライター

1970年大阪生まれ。カフェや食、インテリア、雑貨、デザイン、海外文化など。暮らしまわりのジャンルにおける編集・執筆を手がけるBOOKLUCK主宰。雑誌「オリーブ」を経て、「CREA」「リンネル」「&Premium」「dancyu」「Casa BRUTUS」などの雑誌、またキリン「世界のKitchenから」、「DEAN&DELUCA」などの広告を中心に活動。手がけた書籍は「MAKING TRUCK 家具をつくる、店をつくる。そんな毎日」「眺めのいいカフェ」「カフェの話。」(すべてアスペクト)、「おうちで作れる カフェの朝食」(世界文化社)、「MY STANDARD 大人の自分定番」(主婦と生活社)、「BEAMS<fennica>ニッポン最高の手しごと」(光文社)「本当のおいしいがあるところーちくご料理家紀行」(ミルブックス)など多数。

http://bookluck.jp/



山村先生よりメッセージをいただきました!

 

「もやもや」って言葉を近ごろとみに使うことが多くなり、僕ってそんなにもやもやしてたのか!と気づくようになりました。ただ今の社会問題の多くは、そこが始まりになっている。擦りこまれ、思いこみ、あきらめ、いつの間になら、もやもやが「ある」のに「ない」ことにしてしまっている。

文章もそうです。添削をすると、いかに自分の書いていたことが「もやもや」していたかに気づく人が、とても多いんです。そこを整えていくと、洗顔したてのような表情で「すっきりしました」と言うのです。

そう、何事も「気づく」ことから。講座を通してそのきっかけを、いっしょに見つけていけるといいですね。

 


<講座内容>

1回目_企画

・企画を考える上で一番たいせつにしたいこと

・企画書づくりのステップとマル秘ポイント

・やりがちだけど、やっちゃいけない?落とし穴


2回目_聞く

・取材力をつけるために心がけたいのは?

・事前リサーチって、なんのため?

・取材ですべきことと、しちゃいけないこと

・ホンネを引き出す魔法のフレーズ

・困った!こんな時、どうする?

・参加者どうしで取材しあおう


3回目_書く

・SNS時代だからこそ気をつけたい書き方のコツ

・文章にちゃんと心をのせる方法

・これじゃ読んでくれない!文章あるある

・「書く」ことは「疑う」こと?

・自分らしい文章を知り、確立するために


4回目_書く(個別ゼミ)

受講生一人一人の「かくこと」を一緒に考えて、文章を整えます

・山村先生と1対1でお話し

・目指すは自分らしい文章、その人らしい文章を一緒に考えます


5回目_まとめる

・文章と写真の組み合わせによる効果と掛け合わせ方

・より「伝わる」ための写真選び

・編集という仕事の流れとポイント

・自分の「好き」をお仕事にするために



★おかわりゼミ *希望者のみ *別途要参加費

4回目の個別ゼミの延長戦

・個別ゼミでのアドバイスを受けてリライトした文章をもう一度見てもらったり

・見て欲しい文章のチェックをしてもらったり

・その他「かくこと」で困ってることについて聞いてみたり

授業時間内で解消できないことをなんでもご相談いただけます



<コースは2つ>

以下の2つの内からお選びください。

*都合の悪い日程があれば他コースへの振替可(希望者はご相談ください)


◎土曜日の午前コース *こちらのコースは満席となりました

日程 - 2022/10/22、10/29、11/12、11/26、12/17(土)

時間 - 10:00~12:00

おかわりゼミ - 12/10(土)10:00~12:00


◎月曜日の夜コース *こちらのコースは満席となりました

日程 - 2022/10/17、10/31、11/14、11/28、12/19(月)

時間 - 19:30~21:30

おかわりゼミ - 12/11(月)19:30~21:30


<共通事項>

場所:zoomを利用してオンラインにて開催 *下記受講方法をご確認ください

定員:5名以上で開催(各コース最大6名、先着順)

授業料:28,000円(税別)

おかわりゼミ:希望者は別途5,000円(税別)*4回目後に参加表明をいただきお支払い

お支払い:クレジットカード決済(銀行振込も可)



<お申し込み>

下記フォームよりお申し込みください。




*こちらのフォームにて申込み受付後、事務局より申し込み完了のお知らせと受講費のお支払いについてご案内をさせていただきます。万が一メールが届かない場合はお知らせください。

*受講費お支払いのご案内後、1週間経過しても未払いの場合はキャンセルとさせていただきます。(カード決済、お振込みのいずれか)

*お支払い完了後はいかなる理由があっても受講費の返金は致しかねます。



▼以前は福岡にて開催していました。こちらはその時の様子です。


<受講方法について>

「Zoom」というアプリケーションを使用します。 https://zoom.us/